この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

2014年10月

先日の月に一度の早朝清掃の時、社員が捨て犬を見つけ、警察署に届けたという話をしていたら、木工所の東田君が、

「木工所で飼っていいですか?」

と申し出たので、、

「ちゃんと、責任をもって面倒を見れるならいいよ。」

と許可したところ、早速即日に警察署に受け取りに行ったそうです。

_


最初は警戒していたそうですが、日に日に慣れてきたようです。

私も先日、様子を見てきましたが、とても番犬にはならないようなおとなしいワンコでした。 。

こんな優しい心を持った職人がつくるグリーンライフのオーダー家具は、真心いっぱい入ってます。

木工所に来る際は、おやつの差し入れお願いします。

久しぶりのほのぼのした話題でした。
 

軽井沢のサテライトオフィス計画が進んでいます。

本格的な稼働は来夏以降になるかと思いますが、レッドシーダーの本格的なティンバーフレームの加工がカナダで始まっています。

 unnamed

年に、2〜3棟、こだわりのログやティンバーを軽井沢周辺でつくっていきたいと思っています。

そして、、ここ2〜3ヶ月に軽井沢周辺にログやティンバーを建築希望の3件ものお問い合わせをいただきました。

このタイミングですので、ものすごい何かの縁を感じます。

まさに、「一瞬早すぎず、一瞬遅すぎないときに。」です。




 

猪苗代にも、冬の使者白鳥がやって来て、もう冬が目の前までやってきました。

自分の頭も、白鳥のように真っ白になってきました。

白髪が似合うという人と、やめたほうが良いという人とそれぞれですが、白鳥のように、このまま自然でいきたいと思います。

ちなみに、白鳥は、一見すると優雅に美しく水面を漂っているイメージだと思いますが、水面下では、かなり足をバタバタしているようです。

まぁ、それはそれで、カッコイイかなと思いますし、それがビジネスの厳しさだと思います。

たまに、反対の人や、どちらもバタバタしている人がいます。

ということで、白鳥のような経営者になる為に、まずは外観から白く(白髪)なります。。

ここ数日の間に、たまたま異業種で頑張っている同年代の経営者と話をする機会がありました。

まさに、働き盛りの今、心身共に脂がのっている時、、、

逆にいうと、無理をして心身共に疲れる時でもあります、、、

ここには書けませんが、背中を押してもらいました。

というか、自分の中では、なんとなく結論がでていたのですが、確信することができました。


このページのトップヘ