この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

2011年05月

ようやく、土地が確定し、配置も決まりスタートします。

ログハウス協会東北支部の力量、そして、グリーンライフの力量が試されます。

工期が厳しいところをなんとかするのは、ゼビオスポーツさんの店舗工事を全国やらせていただいたときに鍛えられましたので、自信はありますが、今回は、さすがに、それの上をいきます。

施工面積から割り出すと40坪くらいの家を15棟いっぺんに1ヶ月で仕上げろというものです。

しかも、上下水の引き込みから浄化槽、駐車場の造成までです。


現在工事中のお客さんに、今回の仮設住宅の件で、1週間から10日くらい現場をストップしてもいいですかと、ご協力を願ったところ、皆、快くご協力していただきました。

本当にありがとうございます。


やるしかありません。

f88674e1.jpg



震災後、自粛していましたイベントを再開しました。

予想を反し?、2日間で36組もご来場いただきました。



震災後、皆さん家づくりに対して真剣味が増したように感じます。


福島県は、目に見えない放射能の恐怖に襲われていますが、考えてみると、家の建材から放出される揮発性有機化合物(VOC)のほうも同じく目に見えない物です。

場所によっては、建材から放出される科学物質のほうが、放射能より体に悪いのではないかと思います。


いつになったら放射能も「0宣言」になるのでしょうか・・・

52cb0088.jpg



育児中のスタッフが多いのと、お客さんからの要望もあり、安全を自分たちで確かめるため、ガイガーカウンターを買ってみました。

色んな機種がありましたが、一番手頃で評判が良かった中国製のDP802iを買ってみました。

かなりチープですが、価格は5万円強、、


早速、猪苗代の自宅ではかってみましたが、0.10uSv/h(10マイクロシーベルト/時間)

日本人の平均値は1年間に約1.5ミリシーベルト(時間あたりに換算すれば約0.17μSv/h)らしいので、とりあえず猪苗代は安全です。


明日、郡山方面にいくので、娘が通う高校を計ってこようかと思います。

このページのトップヘ