この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

2009年03月

実は、昨日のブログにも書きましたが、「夢の丸太小屋に暮らす」に、かれこれ10年以上広告を毎回出していたのですが、検索エンジンからの問い合わせが増えてきたりとか、ちょうど決算期で今期は戦略を少し変えて、地元への広告宣伝を増やそうと、昨年の7月号を最後に、夢丸への広告掲載を止めていました。

まず、びっくりその1ですが、、、

今回、約1年ぶりに復帰した訳ですが、問い合わせがいきなり凄いです。
まだ、発売したばかりというのに、毎日のように問い合わせがあります。
やはり、全国施工可能というのが大きいのでしょうか。
全国のレッドシーダーのログハウスに興味のある皆さん、お気軽にお問い合わせください。
7月号からは、増量2ページで掲載予定です。

びっくりその2ですが、、、

ログハウス業界では、一部でグリーンライフは、夢丸にも広告を出せなくなるほどお金に困っているという噂が立っていたそうです。
まぁ、今の時代、余裕を持ってやってる工務店は少ないと思いますが、少なくとも前期より広告宣伝費は多少増やしている訳で、今期は使い方を戦略的に変えただけなのですが・・・。
まぁ、逆に言えば、ログハウスメーカーが夢丸さんに広告を出さなくてもある程度の受注を得ている方が凄いんじゃないかと思うのですが・・・。

工務店の究極は、広告宣伝費0で、口コミだけで受注がとれる事でしょうね。

しかし、今回はさすが夢丸!!です。
ハンドカットの取材記事が良かったんですかね。

f671f6be.jpg


神奈川県伊勢原市にて建築中のT様邸店舗兼住宅の上棟式が執り行われました。
いつもの事ながら、かなりの迫力です。

通りがかりの人も皆丸太の太さにびっくりして、自転車の人が2人ほどガードレールに激突したそうです。
一人の小学生は、大きな怪我は無かったようですが、タイヤが曲がってしまったようです。

皆さん、本当に気をつけてください。

工事中の見学は歓迎していますので,お気軽に大工さんに声をかけてください。

昨年から、リフォームのお問い合わせが急に多くなりました。
しかも、大型リフォームが多くなりました。

来週から1件、5月着工1件、新築そ○っ○○さん顔負けのリフォームが始まります。

今日も、リフォームのご相談が2件ありましたが、1件目のご相談は新築顔負けの全面リフォームのご相談で、他社の提案を持ってのご来社でした。

グリーンライフのリフォームは、建てて頂いたログハウスのメンテナンスから始まったもので、やはり基本的な考え方は「耐久性」です。

その場しのぎのリフォームはあまりおすすめしていません。

まずは、新築と同じく、「家計設計」から始めます。


2件目は築20年の耐震診断と部分リフォームのご相談でしたが、その家を建てた大工さんはもう亡くなったそうですが、小屋組や床下も確認してきましたが、きちっとした仕事をしていて水回り部分も何の問題もありませんでした。

亡くなってから、再評価されるのは、職人としては最高でしょうね。
私たちも、100年後に評価される家造りをしていきたいと改めて思いました。

どっかの柱か梁に名前を書いておこう。。。

福島県会津若松市北会津町のAさんの家がはじまります。
今回は、100年以上前の民家の柱と梁を出来るだけ再利用仕様というもの。

dbae1438.jpg



1階部分の梁を全て解体した材料でやれそうです。
その他の柱と梁はもちろんレッドシーダーです。

今回のコンセプトは、

「いたって普通の家」

見た目は、ごくごく普通のどこにでもあるような外観ですが、そのスペックは、その辺にはないものになります。

最近、農家の3世代住宅の問い合わせが増えていますので、とても参考になるかと思います。

今月末より基礎が着工します。

このページのトップヘ